🐘たびっこ動物🐅

毎月プチ旅行

イタリア旅行トラブル編【③フィレンツェで詐欺攻撃を受けた話】-2019.4.29~5.5

f:id:chichichan:20191022163614j:plain

ゴールデンウィーク、4泊5日でイタリア旅行をした私。
ヴェネツィア、ローマ、フィレンツェ、ミラノでそれぞれ大変なトラブルに見舞われたので紹介します。

前回は①ヴェネツィアの空港でスーツケースをなくした話、

www.naminori.work

②交通機関に振り回され路頭に迷った話をしました。

www.naminori.work

今回は③フィレンツェで詐欺攻撃を受けた話です。

3日目はフィレンツェに行きました。イタリアは南に下るほど治安が悪いと聞いていましたが、ローマよりは大丈夫かなと思っていたら、、、フィレンツェで二回も詐欺にあいました!日本がどれだけ安全な国なのか・・・。


まず駅を出てすぐ、女の人がペンを持って近づいてきます。感じのいい女の人で署名活動をしているようです。ペンを受け取って机の前に行くと、どこからきたの?と聞かれ「日本」と答えると日本語が話せる女の子がまた1人来ました。バインダーを渡されて、名前、職業、住んでる土地、を書かされます。
「私も2年前に麻薬やってたけど、麻薬撲滅!辞められてハッピー!」と言ってきます。麻薬撲滅の署名かと理解したら、寄付金額を書く欄が!!!
私たちの前にも何人か騙されて日本人が40ユーロも支払っていました。日本円で5000円ほど。寄付金は1人40ユーロからお願いします、と注意書きまであります。
「ごめんね、そんなにお金持ってない。」と伝えると、「30ユーロでも20ユーロでもいいよ!」と言われます。立ち去るほかないので「ごめんね~」と言いながらふらっと去ってきました。
後で調べるとこれが麻薬撲滅詐欺らしく、結構有名みたいでした。クリーンな団体を装った詐欺です。日本人は断れない人が多くて狙われやすいようなので、話しかけられたら無視を決め込みましょう。


それからフィレンツェを観光して駅まで戻るとき、地図を見ながら歩いていたら曲がり角で道においてある絵を踏んでしまいました。後ろを振り返ると路上に絵を並べた中東系のお兄さん達が、手を広げて「why!!」のポーズ。足元を見てなくて全然自覚がなかったので「ごめんなさい」と言いながらそのまま歩いていると、さっきのお兄さんが絵を持って追いかけきて「踏んだんだから買え!」と言ってきました。
絶対にいらないし、道に並べてるのが悪いから、「お金ないから払えないよ、英語もわからないし。」と断わります。「美術館で買ったやつだよ!50ユーロ払って!踏んだんだからもう売れないよ!わかる?ラファエロだよ!」と推してくるので、困った顔をしていると、「どこの国だ」と聞かれたので「日本だよ」というと、ちょっとここにいて!stay!とおそらく仲間を呼び戻しに行ってしまいました。
相手からどこかに去るなんて迂闊だなと思いながら、私はその隙に近くの教会に逃げ込んで、姉はそのまま歩いて逃げました。教会のありがたい話を聞きながら、しばらく窓から見ていましたが、再び男の人が戻ってくることはなかったのでささっと出て姉と落ち合いました。


怖い体験だったけど、これも調べてみると「踏み絵詐欺」でした。違法コピーの絵を床に置いてわざと踏ませて払わせるようです。大声を出して警察を呼ぶか、周りの人に助けを求めるのがいいみたいです。私は近くに教会があったのでそこに逃げ込みました。


フィレンツェやローマにはいろんな詐欺があるようなので、訪れる前に予習しておくといいですね!

 

①空港でロストバゲージした話

naminori3.hateblo.jp

 ②交通機関に振り回されて深夜に路頭に迷った話

naminori3.hateblo.jp