🐘たびっこ動物🐅

毎月プチ旅行

アダムとイブの話どこまで知っていますか?〇旧約聖書「創世記-天地創造・アダムとイブのエデンの園」1

 

以前イタリアの美術館に行ったとき、名画に感動できないという悔しい思いをしました。それ以来「宗教」を学んでみたいという思いがあります。

というわけで今回から旧約聖書ついてこんなこと言ってるぞ、というのを自分で学びがてら書いてくことにしました。

 

聖書とは?

聖書は、旧約聖書と新約聖書の2つからなっていて旧約聖書には人類の歴史が描かれています。新約聖書にはキリストの弟子達が書いたキリストの記録が残っています。

 

今回は旧約聖書の1章目「創世記」についてです。

 

創世記は大きく分けて人類歴史とイスラエルの歴史に分けられます。

人類の歴史は、①神の天地創造、②アダムとイブのエデンの園、③ノアの方舟の3つに分かれています。なんとなく聞いたことありますよね。

 

ローマのバチカン市国(カトリックの総本山)にあるシスティーナ礼拝堂には、ミケランジェロの描いた有名な天井画があります。

f:id:chichichan:20200612113343j:plain

この天井画は創世記の物語を9つの場面に分けて描かれています。

聖書と言うストーリーを自らの想像で絵画にするのは「二次創作」的な要素が含まれていて楽しいですね。わたし、画家にも詳しくなって"世界の美術館巡り"をするんだ!

 

神の天地創造

旧約聖書の一文目には「初めに、神は天地を創造された」と書かれています。とても有名な一説ですね。こちらがミケランジェロが描いた神。

f:id:chichichan:20200612113813j:plain

筋肉ムキムキです。

神は7日間で世界の土台づくりをします。

地球は一日にしてならず。

 

1日目は天地を作ります。暗闇の中で「光あれ!」と言うと昼と夜ができました。

2日目は地球の空を作ります。

3日目は大地と海を作り、植物を植えます。

4日目は太陽と月と星を作ります。

5日目に魚と鳥を作り、

6日目に獣と家畜を作り、神の形に似せた人を作ります。

f:id:chichichan:20200612114123p:plain

この時つくったのがアダムです。

父なる神がアダムに命を吹き込むこの瞬間も、一度は見たことがあるのではないでしょうか。

それにしてもアダム、顔も身体も最高に美しいものが出来上がっちゃってる。これが神の初作品だとしたら才能がありすぎるな。

 

そして7日目、神は休みます。ちゃっかり。ちなみにこれが日曜日が休みの起源と言われています。

この7日間が「神の天地創造」です。

太陽ができるより昼と夜が先に出来るのはおかしい!とかは気にせず行きます。

 

アダムとイブのエデンの園

人類の最初がアダムとイブであると言う話は聞いたことがあると思います。

まさに神が6日目に作ったのがアダムです。アダムは土から作られて、イブはアダムのあばら骨から作られたと言う説もあります。

ヘブライ語(ヘブル語、イスラエルの言葉)ではアダムは赤土という意味なのです。ちなみにイブは本によってはエバと書かれていたりします。

 

神は、初めて作った人間がどんな感じか知るために、エデンの園という楽園を作りアダムとイブを住まわせました。

神はアダムに「自由にしていいよ。どの木の実も好きに食べていいけど、"知識の実"だけは食べたらと死ぬので食べてはいけないぞ。」と伝えました。

神は人間が正しい生き物なのかどうか、判別しようとしたそうです。アダムはイブにも食べてはいけない実のことを伝えました。

 

f:id:chichichan:20170727191038j:plain

こんな感じの最高の楽園でアハハウフフと暮らしていました。お互い裸でも全く恥ずかしくありませんでした。

ある日イブの前に蛇が現れました。そして「この木の実は食べても死なないよ!食べると神と同じになれるんだ!」とそそのかすのです。

イブは「じゃあ食べちゃお。」と木の実を食べてしまいます。イブはアダムに木の実を食べても死ななかったことを伝えると、アダムも食べてしまったのです。

 

知識の実を食べた2人は、裸が恥ずかしいと気づいてイチジクの葉で腰を隠しました。

それを見た神は2人が罪を犯したことに気づいてしまいました。

アダムは神に問い詰められると「イブにそそのかされた!」と言い、イブは「蛇が悪いのよ」と言い逃れをしました。

それを見た神は人間は善悪が分からないものだと知ったのです。

神は2人を楽園から追放します。この事件が「楽園追放」です。

f:id:chichichan:20200612131133j:plain

この神への裏切りを「原罪」と呼び、アダムとイブから生まれた人類は生まれながらにしてその罪を背負っているのです。なんてことをしてくれたんだ!

 

神は男と女と蛇にそれぞれ罰を与えました。

蛇は一生這いつくばって生きるように、女は苦しんで子供を産むように、男は生涯食べ物を得ようとして苦しむように。

アダムとイブが木のみを食べなければ、お腹を傷めずにつるんと子供を産むことができたのかもしれない。

 

原罪を持った人間をそのままにはせず、神は「必ず救済する!」と約束をします。自分で罪をつけといて救うなんてイカレ頭だな!と思いますが、信者からすると「神のお考えは私たちにわかるはずもない。」と言うことなんだそうです。

救済に関しては後に登場するモーセと契約をします。その契約を叶えるために救世主として現れるのがイエスキリストなのです。でたー!神はキリストを使って約束を果たすのですね。

 

話は戻りまして、楽園追放された2人は自給自足生活を始めます。そんな中アダムとイブは2人の息子を授かりました。兄のカインと弟のアベルです。

カインは土を耕して農作物を作り、アベルは羊を飼いのんびり暮らしていました。

しかしある日、神に農作物と羊をささげると、神は農作物には目もくれず羊を見て喜んだので、カインは嫉妬に狂ってアベルを殺してしまうのです。

カインとアベルは人類初の殺人者と被害者と言われています。

f:id:chichichan:20150310143810j:plain

カインは自分を愛してくれない神を憎んだことで、エデンの東にあるノドという場所に追いやられてしまいます。カインはノドで新たなスタートを切り家族を増やし子孫繁栄しました。

その間、アダムとイブはセトという三男を授かりました。アダムは930年、セトは912年生きたとされています。この時代の人の平均寿命は900歳ぐらいです。神の力でしょうか?

こうして地上にもどんどん人が増えていったのです。

イブ以外に女性はいたの?と言いたくなりますが気にせず行きます。

 聖書は「細かいことは気にするな」と伝えたい、ということにしましょう。

 

ノアの方舟

 ノアの方舟は長くなってしまうので、次回書きたいと思います。

naminori3.hateblo.jp

 

アダムとイブの話は「なんか実を食べた」くらいの知識しかありませんでしたが、知ることができてよかったです。聖書シリーズ、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします!

それではまた次回。