🐘たびっこ動物🐅

毎月プチ旅行

松山文具店 様

松山文具店 様

 

私は先日7年付き合った婚約者に別れを告げられました。彼に突然、一緒になれないと言われたんです。ブランドものが好きで自分の為にお金をかけ過ぎだと、それが生きがいの私を否定された気分でした。もうこの人生は終了したと、そう思いました。クリスマスを1週間も過ぎた飾りだけ豪勢なケーキは、もう誰の目にも哀れに映りこのまま淋しく腐っていくのでしょう。

 

7年の虚無に付き纏われながら、私は老犬のようなスピードで家に帰りました。

鍵を開け、靴を転がし、ワンルームにある小さな机の前に枯葉が一枚落ちるように座りました。

机の上にあったまっさらな紙を見て、衝動に流されるまま遺書を書こうと思いました。机の下に転がっていたペンを手に取り、何も考えずにペンを走らせました。「お父さんお母さん、先立つ不孝をお許しください」そう書いた文字はピンク色にキラキラ光っていました。キラキラペンです。可愛い、という気持ちが沸騰しはじめの気泡のように、フツと小さく湧き出しました。あの時手に取ったのが黒のボールペンだったのなら、私は今、この世にいなかったでしょう。本当にありがとうございました。