🐘たびっこ動物🐅

毎月プチ旅行

千葉の穴場スポット「鋸山・日本寺」で地獄のぞきをしてきた

f:id:chichichan:20200207213319j:plain

 

関東日帰り穴場スポット、「鋸山・日本寺」に行ってきました。

日本寺では「地獄のぞき」ができるらしいのです。 

 

 

天気は快晴、お友達の車に乗せてもらい 「鋸山・日本寺」に到着。

平日は駐車場も空いていました。

ノコギリ山という昔話に出てきそうな名前の山に、日本寺はあります。

ちなみに「にほんじ」と読みます。

f:id:chichichan:20200207210905j:plain

MAPによると、地獄のぞきは頂上にあるようです。

 階段が多そうなので張り切っていきましょう!

 

 受付から入るとすぐに見えてくるのは、、

f:id:chichichan:20200207210944j:plain

おおきな大仏様です。

なにやら左手に巨大どんぐりを乗せています。

調べてみるとこの大仏様は「薬師瑠璃如来」という大乗仏教の大仏様でした。その名の通り、病気を治す仏さまということで、手に持っているのは薬壺なのだそう。なるほど!

岩山から3年かけて削り出された大仏様は力強さがありますね。

 

 

大仏様のすぐ隣には「お願い地蔵尊」がいました。

f:id:chichichan:20200207211148j:plain
あれ?なんだか・・・?

 

うわぁ・・・・!!

f:id:chichichan:20200207211254j:plain

近づくとおびただしい数の小さい地蔵が・・・!

お地蔵さまがこんな、無造作に転がされていて大丈夫なのでしょうか・・・!

 

 

まぁ、いいか。

私も一体買いました。かわいいサイズです。

f:id:chichichan:20200207211332j:plainf:id:chichichan:20200207223549j:plain

お地蔵さまの背中に自分の名前を書いて、お願いを込めて好きなところに置きます。

この小さなお地蔵さまも両手で玉を持っていますね。錠剤かな?

 

 

 今年もたくさん旅行に行けますように・・・。

 

 

さ、どこに置こうかな。

置く場所がないほど敷き詰められているので、悩みますね。

う~ん。

 

f:id:chichichan:20200207211648j:plain

校長先生風にしました。

 

 

 

さて、ここから階段を登ります。

f:id:chichichan:20200207213610j:plain

風化して滑らかになった岩肌は生きもののよう。

岩でできたトンネルも冒険家になった気分で楽しいです。

 

歩道の脇にはたくさんの羅漢が並んでいます。

f:id:chichichan:20200207224655j:plain

羅漢(らかん)というのは仏教において最高の悟りを開いた聖者のこと。

ここ羅漢エリアの千五百羅漢道では、お気に入りの羅漢を探す遊びが楽しいです。

 

f:id:chichichan:20200501145456j:plain

本当に悟りを開いたのか疑わしい羅漢。その口は何だ。

 

 

f:id:chichichan:20200501145641j:plain

ボディビルオネエ羅漢。小指が立ってる。

 

 

f:id:chichichan:20200501145814j:plain

え・・・?

 

f:id:chichichan:20200501150501p:plain

えーーーーーー!!顔!!

 

 

階段続きですが、楽しみながら歩けるのがいいところ。

時間も疲れも忘れてしまいます。

f:id:chichichan:20200207212345j:plain

都内の近くにこんな幻想的な景色があったとは驚きです。

タイやベトナムの寺院に来たかのよう。

 

また不思議なものを発見。

f:id:chichichan:20200501152225j:plain

 「茫々たる宇宙人無数 幾箇の男児が是れ丈夫」

たくさんの宇宙人がいた中で男の子がたくましく育った、的なことでしょうか?全然わかりませんが、ああでもないこうでもないと、友達と意味を考えながら歩くのも楽しみのひとつです。

 

そんなこんなで開けた場所に着きました。 

いつの間にかこんなに登っていたんですね。風が心地よい。

f:id:chichichan:20200207212230j:plain

 汗をかいていい運動になります。

 

他にも観音像があったり、池や神社や、朽ち果て感のかっこいい社殿があったりと、載せられないほど見どころはあります。

 

f:id:chichichan:20200207212049j:plain

 ほら~!こっちこっち!

 

岩に絡みついた樹木がラピュタの世界みたい。

f:id:chichichan:20200501160247j:plain

 

さらに上に登るとありました!

地獄のぞき!!

私は高いところ平気ですがドキドキします。

 

 

 

 

お~~~~~い!!

f:id:chichichan:20200207204437j:plain

ここーーー!!

手を振っているのが私です。

地獄のぞきは岩がせり出した崖の上にあります。でも柵があるので安心。見ているほうが怖いですね。

 

ここから下をのぞくと・・・・・

ひょ~~~、ちょっと怖い!!

地獄のぞきからの景色は、ぜひ自分の目で見てみてください!

 

 

帰り道、ひざはガクガクでしたが、一日の満足感で溢れていました。

また行きたいな・・・!

自然とお寺が好きな日本人は、日本寺を楽しめること間違いなしです。

f:id:chichichan:20200207213319j:plain

 

見どころが多く、ちょうどいい運動になり、自然に癒され、写真映えもよし。

友達・カップル・家族で行ってもGOODなお出かけスポットです。

なんとかして行ってみてください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「鋸山・日本寺」

拝観料:700円

拝観時間:8:00~17:00

所要時間:ゆっくりみると2時間半~3時間

アクセス:都内から車で1時間半、電車で2時間

内房線「浜金谷駅」→ロープウェイ乗り場

内房線「保田駅」→表参道から参拝

※歩きやすい靴が◎

 

次回は私がずーーっと行きたかった神社、千葉県の玉前神社へ。

ここでは全国でも珍しい「ナミノリ守り」が手に入るのです!

 

では、ナミノリでした!

地獄の楽しみ方 17歳の特別教室

地獄の楽しみ方 17歳の特別教室

  • 作者:京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/11/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

www.naminori.work