🐘たびっこ動物🐅

毎月プチ旅行

名画『落穂拾い』の意味を知る〇旧約聖書「ルツ記」12

旧約聖書についてこんなこといっているぞ、と言うのを学びがてらまとめていく「旧約聖書シリーズ」

 

前回の「士師記」ではさばきつかさが登場し、イスラエル民を救って神の怒りを落ち着ける役割をした。また、ベニヤミン族事件が起こった。指導者がいなくなってから12部族はそれぞれが自分ルールを決め治めるようになった。

さて今回からは「ルツ記」。

ルツ記は名画「落穂拾い」の題材になっており、主人公はモアブ人女性のルツである。

 

ルツという女性

モアブ人の女性ルツは、ユダ人のキルヨンと結婚してモアブに住んでいた。しかし、飢きんが起きキルヨンは亡くなってしまった。また、一緒に住んでいたキルヨンの父エレメリク、兄のマフロンも亡くなり、キルヨンの母ナオミは、故郷のユダにあるベツヘレムへ帰ることにした。

ナオミはルツとマフロンの妻オルパにそれぞれの実家に帰るよう言ったのだが、2人は「一緒にユダについて行きます。」と言った。それでもナオミが実家に帰るよう勧めると、オルパはナオミに別れのキスをして去っていった。
一方、ルツは「ナオミ(義母)と一緒の墓に入りたい!!」と固い決心をしていたので、ナオミはルツを連れてユダへ帰ったのだ。

 

名画「落穂拾い」の背景

故郷ユダのベツヘレムにつくと、ちょうど大麦の刈り入れ時だった。

ルツは落穂を拾いたいと大麦を刈る人の後ろについて落穂を拾い始めた。その畑は義父エレメリク一族の有力者ボアズの畑だった。ボアズはナオミから訳を聞き、ルツに親切にしてくれた。ルツに恥ずかしい思いをさせないよう若者たちに忠告したり、のどが乾いたら水がめの水を飲むように言ったりと優しい男だったのだ。

この時代、農家は収穫の際に作物を全てを取ってはいけないとされていた。作物の取りこぼしのおこぼれは貧しい人や未亡人や移民のために残したのだ。彼らにとってはそのおこぼれが大切な食料だった。

農家もそれを分かっていて、残すのは義務のようなものだったそうだ。ルツは十分な落穂を持って帰るようになり、それを食糧にしてナオミと暮らした。

f:id:chichichan:20200312175503p:plain

ジャン=フランソワ・ミレー作「落穂拾い」

「名画」落穂拾いは未亡人ルツが義母の故郷ユダで食べ物にありつこうと必死に落穂を拾っている場面なのだ。フランスの画家「ジャン=フランソワ・ミレー」はなぜこの場面を切り取ったのだろう。ルツはどんな思いだったのだろう。

 

ダビデに繋がる

またナオミはルツが幸せになれるようにとボアズとの結婚をすすめた。夜、ボアズのところで寝るよう言われたルツは、ボアズのもとへ行くが「ゆっくり寝ましょう。」と気遣うのみだった。朝になるとスキャンダルになってはいけないとルツを変装させて家に帰した。

その後、ボアズはルツを妻にした。ボアズ、行動も男前である。
ルツはナオミの神の力で男の子を産み、オベデと名付けた。このオベデはかの有名なダビデのおじいちゃんである。

 

さて、「ルツ記」はここまで。

ルツ記はモアブの未亡人ルツがユダで再婚するハッピーな物語だった。旧約聖書の中でも優しい人たちが多くて好きな回である。


次回からは「サムエル記Ⅰ」。

これまでは指導者やさばきつかさ達がイスラエル民をまとめてきたが、王職ができてイスラエル王政が誕生、ダビデが活躍する。

それではまた次回。

 

300ピース ジグソーパズル 落穂拾い (26x38cm)

300ピース ジグソーパズル 落穂拾い (26x38cm)

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

www.naminori.work

前回はこちら

www.naminori.work